Libvirt

読み方、または別称:りぶばーと

libvirtはレッドハットがコアになっているオープンソースプロジェクトであるが、仮想機械の制御を抽象化したライブラリで、仮想化管理用の共通APIを提供している。

このライブラリはそのサポート範囲が広いことが特徴で、 現在サポートが可能な仮想化は、Xen、KVM、QEMU、LXC、OpenVZ、UML、VirtualBox、VMware ESX・GSX・Workstation・Player、Hyper-V、そしてクラスタ管理ソフトOpenNebulaと多彩である。

また、これらのアプリケーションのさまざまなバージョンでのサポートも特徴で、たとえばこれまでにリリースされたXenのさまざまなバージョンのすべてで動作する。

ただし、このようにlibvirtが多くの種類の仮想化をサポートしていても、必ずしも、libvirt を利用しているアプリケーションが全ての仮想化をサポートしているというわけではなく、別にKVM や Xen などが libvirt を利用するアプリケーションのサポートをしている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る