Leafpad

読み方、または別称:りーふぱっど

Leafpad(リーフパッド)とは、GTK+べースのテキストエディタのことである。非常にシンプルで、機能面も必要最低限のものしかなく、その為、起動も速く動作も軽快というメリットがある。

利用できるオペレーティングシステムは、Linux/BSDなどのUnix系。Windowsのメモ帳をイメージすると分かりやすいだろう。画面上からマウスやキーボードで文字入力や編集、テキストの切り取りや貼り付けなどを行うことができる。

また、テキストエディタを開くときに文字コードを自動検出することができ、文字化けの心配もない。また保存するときには文字コードを変換することもできる。

オプション設定として、メニュー>オプション>「フォント」を選択すると、フォントを変更することもできる。変更した文字はすぐにプレビューで確認できるため、何度も同じことを繰り返す手間を省くことができる。

その他にも、「右端で折り返す」「行番号表示」「自動インデント」などさまざまなオプションを設定することが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る