LS-DYNA

読み方、または別称:えるえすだいな

LS-DYNAとは、CAEソフトウェア(構造解析パッケージ)で、Livermore Software Technology Corporationより提供されている。

LS-DYNAの特徴は、陽解法による高速非線形動解析の実現で、従来の陰解法ではエネルギーバランスの収束計算に時間がかかり、大規模なモデルでの長時間の時間遷移を行う計算や大きな変形などを実現することが難しかったが、LS-DYNAの陽解法を用いることで、エネルギーバランスのチェックは行うものの、収束計算はせず、運動方程式を細かい時間単位に区切り、次々に計算することを実現した。

よって、計算を高速化することが可能となり、大きな運動量を持っている長時間の計算も可能とした。

このようなソフトウェアのサポートを伴う販売が増えたことで、自動車や機器の衝突や落下などの大きな衝撃の発生、時刻歴で応力波が伝播することで破壊や変形が衝突点より離れた場所でも発生するような大規模で長時間の問題点には、実験だけでなくコンピュータでの解析も可能となった。その為、自動車業界では特に普及率が高かった。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る