LRDIMM

読み方、または別称:えるあーるでぃむ

LRDIMMとは、Load Reduced Dual In-Line Memory Moduleの略で(Load-Reduced DIMMと表記されることもある)メモリモジュールの種類の一つである。従来のRDIMM(Registered DIMM)では、メモリモジュール内にバッファ回路を搭載し、アドレスやクロックなどの信号をバッファリングしていたが、LRDIMMではこれらに加えてデータ信号を含めたすべての信号をバッファリングしている。

これにより、RDIMMと比べて、メモリアクセスがより安定し、I/Oバスの負荷がより軽減され、対応するCPUの性能をさらに引き出すことができるようになっている。また、1モジュールに搭載できるメモリチップを増やすことが可能となり、メモリの大容量化と高速化を実現している。主にサーバーなどで用いられ、仮想化やHPC(High Performance Computing)などのシステムの性能を向上させることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る