Kumofs

読み方、または別称:くもえふえす

Kumofs(くもえふえす)とは、分散型ストレージシステムで、2010年1月18日に、えとらぼがApache License 2.0のもと、オープンソースとして公開している。ちなみに、えとらぼとは、元ミクシィの衛藤バタラによって設立されたベンチャー企業である。

特徴は、前途の通り分散型ストレージシステムであることと、チープなサーバを組み合わせることで、可用性を高め、スケールアウトが行える。また、動的にサーバを追加することや、逆に離脱することも可能である。実装は、memcachedと互換性のあるプロトコルトを。

Kumofsをインストールするには、まず必要となるパッケージをインストールしなければならない。1.libtoolのインストール、2.OpenSSLのインストール、3.BZip2ライブラリのインストール。続いてmsgpackをインストールする。公式のサイトより、環境に合ったバージョンをインストールする。

tokyo cabinetをインストールし、最後にkumofsのインストールを行う。kumofsのインストールには、いくつか準備しておかなければいけない関連ライブラリがある。詳しいインストールや使用方法に関しては、専門のサイトを見ると、より分かりやすいだろう。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る