Kbps

読み方、または別称:きろびーぴーえす

kbpsとは、データ転送レートの単位のことである。他にも「ビット毎秒」、「ビーピーエス(bit per second)」などとも呼ばれる。その定義は、1秒間におけるデータ転送路上の仮想、もしくは物理的な地点を通過、すなわち転送したビットの個数である。

モデムや、ルータなど、デジタル通信機器において使用され、kbps(=1000bps)、Mbps(=1000000bps)、 Gbps(=1000000000bps)の単位で表示されることが多い。これとほぼ同様の単位としては、ビットレート(bitrate)、ビット効率などの単位名がある。ただし、これらは時間の単位を明示するものではない。

ビット毎秒、ビットレート等といったものは、あくまでも単位であり、転送率、転送速度、転送効率、伝送率、伝送速度、伝送効率、信号速度などといった物理量、すなわちデータを示すものではない。よって、「ビットレートが高い」などと表示される場合があるが、これは単位名で物理量を表すことになるので、不適切であると言える。

他にも、似たような概念や用語としては、コネクション速度、転送レート、通信路容量、スループット、帯域幅、スペクトル効率などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る