Jahshaka

読み方、または別称:じゃーしゃか

Jahshaka(ジャーシャカ)とは、オープンソースの映像編集・加工・合成ソフトウェアで、Windowsをはじめ、Mac OS XやLinuxなどのプラットフォームで動作する。リアルタイムレンダラは実装されているが、ノンリニア編集など一般的ではない機能も実装され、ソースコードはトロールテック社のQtを使用している。

しかし、ユーザインタフェースはOpenGLによって作成されいる。OpenGLとOpenMLを使っていることから、異なるプラットフォームでも移植ができる。Jahshakaはバージョン2で目標の実装をすべて搭載していることから、プロジェクトは一旦終了している。

また、Video ToasterやPinnacle Liquid Edition、Adobe社のAfter Effectsなど、いくつかの企業がJahshakaと同じ分野のソフトを使用している。ちなみに、一般的とされていない「ノンリニア編集」(Non-linear editing)とは、コンピュータを使った非直線的(ノンリニア)な映像編集方式のことで、リニア編集に比べ編集箇所を自由に選択できること、映像データを即座に追加・削除・修正などができるという利点がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る