JDeveloper

読み方、または別称:じぇいでぃべろっぱー

JDeveloperとは、現在は完全オリジナルのIDEだが、もともとはJBuilderのソースから派生したJava用の統合開発環境であった。オリジナルのIDEになったのは、バージョン9.0.2以降。自身をJavaで完全に記述しなおしたことで、完全オリジナルIDEとなった。

主な機能は、「プラグイン」「デバッグ・ステップ実行」「CVS」「JUnit連携」「Antプラグイン」「リファクタリング」「コード編集支援」「フルJ2EEエンジン内蔵」「UML対応」など。

プラグインは、機能統合環境にさまざまな機能を組み込むことができ、デバッグ・ステップ実行ではグラフィカルデバッガによってローカル・リモート・分散デバッグが可能となる。

それぞれの機能が連携や自動生成など、さまざまなことに使うことができ、非常に便利である。また、データベースとのデータのやり取りや、そのデータを転送、セッション管理などのデータアクセスに関する機能を、J2EEデザイン・パターンに実装し提供している。

その為、このフレームワークを利用することでそれなりのJ2EEデータアクセス・アプリケーションを実現することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る