JAX-RPC

読み方、または別称:じゃっくあーるぴーしー

JAX-RPC (Java API for XML-based RPC) はWeb上の Java RMI であり、JavaアプリケーションからWSDLで書かれたJavaベースのWebサービスを呼び出せるようにする。なお、JAX-RPC 2.0 は JAX-WS 2.0 、Java API for XML Web Servicesに名称が変更されている。

JAX-RPCは、最初にJava プログラムがスタブ上のメソッドを呼び出してから JAX-RPC Runtime System (RS) のルーチンを呼び出す。次にRS はリモートメソッド呼び出しをSOAPメッセージへ変換し、そのメッセージをHTTP要求としてクライアントに転送する。

この手法の利点は、WebサービスをServletまたはEJBコンテナとしてサーバ側に実装できるところにあり、ServletやEJBアプリケーションをWebサービス経由で利用できるようになる。

すなわち、JAX-RPCはXMLを使ったRPC(遠隔操作呼び出し)をパソコンに実装するためのJavaの標準仕様であり、JCPがJSR-101として策定した。したがってJAX-RPCの仕様はJCPのサイトからダウンロードが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る