ISDB-T

ISDB-TはISDB(Integrated Services Digital Broadcasting)は、統合デジタル放送サービスの一つで、ISDBは日本放送協会(NHK)が中心となって開発した、日本と中南米諸国の放送で使用されているデジタル放送の方式である。なお、ISDB放送の種類としては、ISDB-T 以外にはISDB-S、ISDB-TSB、ISDB-C等がある。

すなわち、ISDB-Tはデジタル放送方式の一つであるが、複数の放送を一つの送信機から放送できる点で、DABのデジタルラジオの規格やATSC、DVB-Tとも共通する部分が多い。

ISDB-Tは映像符号化方式で MPEG-2 Video (MP@HL/H14L/ML)、MPEG-4 AVCを、音声符号化方式は MPEG-2 AAC、MPEG-2 BC、MPEG-4 ALSを、データ符号化方式 は BML、スクランブル方式(限定受信方式)は MULTI2である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る