HyperTransport

読み方、または別称:はいぱーとらんすぽーと

HyperTransport(ハイパートランスポート)とは、AMD提唱のPoint to Point式汎用接続技術のことで、双方向、シリアル/パラレル、広帯域、低遅延を特徴としているコンピュータバスである。以前は、Lightning Data Transportと呼ばれていた。2001年4月に導入され、x86プロセッサではAMDとトランスメタ、MIPSアーキテクチャではPMC-Sierra、Broadcom、PCチップではAMD、VVIDIA、VIA、SiSなどさまざまな場面で用いられている。

HyperTransportの適用例として、「フロントサイドバスの置き換え」や「マルチプロセッサ間接続」などが挙げられる。前者は、HyperTransportで主要用途となり、現在すべてのマシンで異なっている。システムを拡張するには、AGPやPCIのようなさまざまな標準バス用アダプターを通し接続する必要がある。

一方後者は、HyperTransportの別の用途となる。AMDは、OpteronとAthlon 64のプロセッサ商品群にDirect Connect Architectureの一部として独自のキャッシュコヒーレンシー拡張を持つHyperTransportを使用している。その他にも、ルーターまたはスイッチバスの置換やHTXとコプロセッサ間接続などが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る