HTTP 403

HTTP403はウェブにおける三桁番号403のことで、エラーメッセージ(Forbidden)は、HTTPステータスコードで、ウェブ上にページがあるものの、そのサイトは特定のアクセスにしか反応せず、アクセスが拒否されたことを示す。
なお、そうでない場合でもサイトの制作者の設計ミスによる障害や、あるいはそのサイトへのアクセス数が極めて多くて混雑している時、さらにはURLが間違っていると、この表示が示されることがある。
因みに、HTTP403エラーにおけるサブステータスには、403.1 = アクセス実行禁止、403.2= 読取アクセス禁止、403.3= 書込アクセス禁止、403.4 - SSLが必要、403.5 - SSL128が必要、403.6 = IPアドレス拒否、403.7 - クライエント証明書が必要、403.8 = サイトアクセス拒否、403.9 = 混雑中、403.10 = 誤設定、403.11 =パスワード変更、など18種類がある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る