HAL

読み方、または別称:はる

HALとは、WindowNT系のOSに載っているプログラムの一つで、アプリケーションソフトとハードウェアの間に入っていて、橋渡し的な役目をしている。現在は、旧態化により、DeviceKitやudevなどに移行されている。最新版は、2009年12月30日に、0.5.14が出ている。

HALがあると、今まで面倒であったアプリケーションからのアクセスが安易になり、
システムに接続されている周辺機器野表示がわかりやすくなる、デジカメやMP3プレイヤーなどのユーザインタフェースが格段に充実。また、オープンソースプロジェクトとしての使いやすさもうけ、定義されたオペレーティングシステムは簡単に移植ができ、プラットフォーム上における組み込みのシステムとしてはとても重要視されている。

NT系を使っていると、特にシステム開発が主な目的となるが、CPUアーキテクチャごとの動作の違いなどを気にせず設計ができるようになる。ハードウェア交換の際もアプリケーションブログラムやカーネルの変更の必要もない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る