Ethernet

イーサネット(Ethernet)とは、IEEE 802.3として標準化され、LANケーブルとして一般的に使用されている、ネットワークケーブルの規格のことで、Xerox社とDEC社(現在はHewlett-Packard社の一部門)が考案した。

現在、オフィスや家庭でのLAN (Local Area Network) では、特殊な用途を除いて、ほとんどがイーサネットであり、物理的な規格である「イーサネット」と、通信内容の取り決めを決めた「TCP/IPプロトコル」の組み合わせが一般的である。

イーサネットは、最大伝送距離や通信速度などによってもいくつかの種類に分かれる。元々「イーサネット」という表現は10MbpsタイプのLAN規格の名称だったが、現在は100Mbps(Fast Ethernet)、1Gbps(Gigabit Ethernet)などを含んだ総称の意味になっている。

イーサネットの接続方法には、1本の同軸ケーブルに複数の機器を接続するバス型などもあるが、一般的には、ハブ(集線装置)を使用して各機器を接続するスター型が用いられている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る