Escキー

読み方、または別称:えすけーぷきー

Escキー(エスケープキー)とは、コンピュータ用のキーボードにあるキーのひとつである。エスケープシーケンスの入力やキャンセルなどのショートカットとして使われ、「Esc」「Escape」などと書かれている。多くのテキストエディタやワープロソフトでは、Escキー=モード変換として多用され、viではEscキーでコマンドモードに移動することが可能である。

また、一太郎では「Escメニュー」が表示され、MS-DOS版のMicrosoft Wordでは、このキーによってメニューが表示されるようになっている。VZ Editionの常駐モードにおいては、EscキーによりMS-DOSよりVZ Editionを起動することができるため、101キーボード以降でEscキーの位置がホームポジションから移動し、議論となった。

多くのウェブブラウザにおいては、「中止」ボタンのショートカットキーとされ、現在のWindowsでは代ログボックスの「いいえ」「終了」「キャンセル」「中断」などでもショートカットキーとして用いられる。Windowsキーがない場合は、コントロールキーを押しながらEscキーを押すと、Windowsの「スタート」ボタンのショートカットとなる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る