Ehcache

Ehcacheとは、広く使われているキャッシュ機構の1つで、オープンソースである。Javaによって開発され、JavaEE(Java Platform, Enterprise Edition)や、軽量コンテナなどにおいて使われている。2003年、Greg Luckによって作られ、後の2009年には、テラコッタによりプロジェクトを買収された。

2011年3月には、Wikimedia Foundationが、Wikiプロジェクトのパフォーマンスの改善のために、Ehcacheを使用すると公表した。メモリストア、及びディスクストアは、高パフォーマンスとして知られている。メモリストアにキャッシュできるオブジェクト数が一定以上になった場合、新たなオブジェクトをキャッシュするために、必要性が最も低いと判断したオブジェクトをキャッシュから削除する。

gzip 圧縮サーブレットフィルタは、ブラウザへのgzip圧縮を利用した転送をサポートしたサーブレットフィルタであり、リクエストURI とクエリ文字列に基づきキャッシュすることが可能である。レプリケーションは、データを他のアプリケーションサーバのキャッシュへレプリケートするキャッシング方式のことで、データをアプリケーションサーバのキャッシュに格納した際に行われる。

キャッシュサーバは、REST フルとSOAP のAPIの2つ に対応している。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る