EPROM

読み方、または別称:いしきりやま ひでのり

EPROM (イーピーロム)とは、Erasable Programmable Read Only Memoryの略で、データの書き込みと消去を何度でも行うことができるROM(Read Only Memory)のことである。
EPROMは、同じROMでも製造時にデータの書き込みを行って内容の変更を出来ないようにしてしまうマスクROMや、一度だけ書き込みができるだけのPROMと異なり、書き込んだデータを消去して、新に書き込みすることができる。書き込んだデータの消去方法には、紫外線を用いる方法と電気的に消去する方法があり、前者をUV-EPROM(Ultra Violet Erasable PROM)、後者をEEPROM(Electrically Erasable PROM)という。
EPROMは通電しなくても書き込まれたデータが保持され、消去されることはない。書き込みはROMライターという書き込み専用の機器を使用して行う。EPROMはチップ中央に石英ガラスの窓があって中が見えるようになっているため他のROMとは区別がしやすい。
なお、EPROMはコンピュータ制御機器の試作品に使用されるだけなく、パソコンのBIOS ROMなどの多くの機器に搭載されているが、近年は、EEPROMの中でも、ブロック単位で扱えるタイプのEPROMであるフラッシュメモリフラッシュメモリに取って代わられつつある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る