EDINET

読み方、または別称:えでぃねっと

EDINET(エディネット)Electronic Disclosure for Investors' NETworkは「開示用電子情報処理組織」と呼ばれる電子開示システムの名称で、その範囲は金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に限られている。

したがって、エディネットは金融商品取引法において内閣府のホストコンピュータ、提出会社のコンピュータ、および金融商品取引所や金融商品取引業協会のコンピュータを結んだシステムのことである(同法第27条の30の2)。

2004年(平成16年)6月1日からは、提出書類は電子データ形式(HTML)での提出が義務づけられたが、2007年(平成19年)4月1日以降は、大量保有報告書についても電子データ形式での提出が義務づけられることとなった。

なお、2008年(平成20年)4月1日以降に開始する事業年度に係る提出書類からは、財務諸表部分のXBRL化での提出が義務づけられ、同年3月17日にはEDINETがリニューアルされ、XBRL提出に対応したシステムとなり、アドレスも変更された。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る