電磁シールド

読み方、または別称:でんじしーるど

電磁シールドとは、導体でつくられた一種の壁で電磁の場所を仕切って、仕切られた二つの場所の間を電磁場が流れるのを制限する処理方法で、この場合、制限の意味は理想的には二つの場所完全に遮断することである。

例えば、電気装置の電磁場を外界から遮断するために囲いを設けることであり、通信ケーブルが通る場所から電線を隔離するために、ケーブルにシールドを施すことである。

無線周波数の電磁波を外部から遮断するために電磁シールドを使うが、電磁シールドは、電波や電磁場、および静電場の結合を極端に低減させることができる。ただし、静磁場や低い周波数の磁場を低減させることはできない。

電磁シールドで低減できる電磁量は、シールドの板金、金属メッシュ、発泡金属、プラズマや、その厚さ、容積と対象の周波数、大きさや形、開口部の向きにより変わってくる。また、遮蔽またはメッシュの穴は、電磁波の波長よりも小さくなければならず、いわゆる目の粗いメッシュでは電磁シールドにはならない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る