電子投票

読み方、または別称:でんしとうひょう

電子投票(でんしとうひょう)とは、電子化した投票(方式)のことで、そのような投票を行うことも電子投票という。インターネットなどのネットワークを介しての投票なども含まれる。

一般的に、電子投票と言えば"マークシートやパンチカードを用いて投票する""電子機器のタッチパネルや押しボタンで投票する""インターネットを用いて遠隔地から投票する"の3つの方法がある。

また、投票がなされている対象に着目し、選挙や株主総会などの法律に沿った決議や私的団体の内部規律方法としての決議、その他のアンケートなどに分類することができる。

日本の公職選挙で用いられる電子投票は、これらの投票行為における電子投票だけであり、条例を定めた地方選挙で採用する例がある。これを、電子投票法という。

株主総会での議決権行使については、2002年の商法改正でインターネットから投票することが可能である。インターネットでの投票は、危険性として指摘されている投票の強要・買収に対する「安全弁」とし、一度投票をしても期間内であれば投票を変更することもできる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る