電子媒体

読み方、または別称:でんしばいたい

電子媒体(でんしばいたい)とは、映像機器や音響機器での映像・音楽を記録再生したり、電子計算機での情報処理に使う記録媒体のことである。後者の情報に関しては、記録内容はすべてデジタルデータとなり、映像機器や音響機器においてはアナログ方式で記録再生される。

磁気テープが主流であったが、近年ではハードディスクドライブやCD-ROMなどディスク形状のものが主流となっている。狭義として、リムーバブルメディアのことを指し、広義では主記憶媒体以外の記憶装置に使われる媒体を指す。

また、その概念として、インターネットでファイルを伝達する場合のHTTPやFTPを含む場合もある。電子媒体の種類には、「磁気テープ」「磁気ディスク」をはじめ、「光ディスク」「光磁気ディスク」「フラッシュメモリ」がある。

光ディスクにおいては、CD-DAやCD-ROM、CD-R、CD-RW、DVD-ROM、DVD-RW、DVD-RAMなどを含み、フラッシュメモリにおいてはフラッシュディスクやメモリーカード、USBメモリなどを含む。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る