電力線通信

読み方、または別称:でんりょくせんつうしん

電力線通信(でんりょくせんつうしん)とは、電力線を通信回路としても利用する技術のことで、低速PLCと高速PLCの2つのタイプがある。低速PLSは、450kHz以下の周波数を用いるもので、高速PLCは2-30MHzを用いるものを指す。10kHzから450kHzまでの周波数を用いた製品のデータ通信速度は、9600bpsとし、日本での電力線通信は、2006年12月から高速電力線通信対応製品が流通している。

電力線通信以外にも、電力線搬送通信およびPLC(Power Line Communication)、PLT(Power Line Telecommunication)とも呼ばれている。通信の際に用いる変調方式は、「直交周波数分割多重方式」と「スペクトラム拡散変調方式」の2つが挙げられる。ネットワークの構成は、「有線LAN-電力線-有線LAN」という経路の中継器として機能しているモデムで、機器を既存のコンセントに挿すだけで簡単に可能となる。

電力線通信の利用形態としてじゃ、ブロードバンド通信として屋外電力線を使う高速電力線搬送通信はBPLと呼ばれ、屋内においては有線LANや無線LANとともにLANを構築する要素技術のひとつとなっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る