逆アセンブラ

読み方、または別称:ぎゃくあせんぶら

逆アセンブラ(disassembler)とは、コンピュータのCPUが理解できる機械語を、人間が見て分かりやすいニーモニックに変換する作業を指す。

コンピュータが実行するプログラムは数字の羅列で書かれている機械語であり、人間にはそれを見ても理解できない。この機械語は、人間にわかりやすいソースコードを、アセンブルソフトウェアで機械的に変換して得られたもので、つまりアセンブルされた言語である。

このアセンブルされた機械語を元に戻す作業が逆アセンブルであり、それを行うのが逆アセンブラで、逆アセンブルすることが逆アセンブリングである。

プログラマがソースコードの分からないプログラムの動作を知りたい場合、その機械語理解することができないため、人間に理解しやすいニーモニックに変換して理解しやすくするために逆アセンブラを行う。ただし、逆アセンブラの作業は一種の暗号解読のような困難な作業で、に高度な技能を持つ技術者が多大な手間と労力をかけて初めて可能になる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る