論理演算子

読み方、または別称:ろんりえんざんし

論理演算子(logic operator)とは、電子計算機分野で行われる論理演算で使用される記号のこと。論理演算とは、「真」もしくは「1」か、「偽」もしくは「0」の2通りの値だけを持つ演算のことで、プログラミングで基礎となる演算方式である。

その論理演算で使用される計算記号が論理演算子で、入力が「真」または「1」のときは出力が「偽」または「0」になり、入力が「偽」または「0」のときは出力が「真」または「1になるNOT(否定)と、すべての入力が「真」または「1」のときだけ出力が「真」または「1」になり、それ以外は出力が「偽」または「0」となるAND(論理積)、入力のどれか1つがが「真」または「1」のときに出力が「真」または「1」となり、すべての入力が「偽」または「0」のときだけ出力が「偽」または「0」となるOR(論理和)がある。

その他にも処理系によって、NOR(否定論理和)やNAND(否定論理積)などがあり、論理演算子の記号の仕方は言語等によって、それぞれに定義されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る