解凍レンジ

読み方、または別称:かいとうれんじ

解凍レンジとは、LHA形式、ZIP形式を始めとする「圧縮」されたファイルやフォルダを解凍(展開)するためのソフトである。「圧縮」とは、ファイルやフォルダの容量を小さくして1つにまとめることで、ネットワーク上でデータの送受信にかかる時間を短縮したり、ハードディスクなどの記憶装置により多くのデータを記録するために利用する。

対して「解凍(展開)」とは、圧縮したファイルやフォルダを元に戻すこと。解凍レンジはその解凍を行うソフトのひとつである。解凍レンジは、書庫(アーカイブファイル)の内容を表示して、解凍したいファイルだけを選択できる「書庫内容表示」機能があり、不要なファイルまで展開する必要がないといった特徴がある。

また、解凍レンジは、多くのファイル形式の対応している。圧縮されたファイルの拡張子("ファイル名.***"の .から後ろの部分)は、.lzhや.zip、.rarなどがあるが、解凍レンジは、LHA(LZH)/ZIP/CAB/ARJ/TAR/GZ/Z/BZ2/TGZ/TAZ/TBZ, MS-COMPRESSの形式の圧縮ファイルを解凍することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る