衛星放送

衛星放送(えいせいほうそう)とは、放送衛星や通信衛星を使って電波を出すことで、視聴者や聴取者に直接送信することである。

その方法は、赤道の上空約3万5千キロにある静止衛星に中継器(トランスポンダ)を設置し、地球上から衛星に送信した電波を中継器が受信する。次に、中継器で周波数を変換して地球上に電波を送り返すが、その電波をパラボラアンテナで受信して利用する。

衛星放送は、衛星の静止軌道から見える極めて広範囲での電波の受信が可能である。一方、地上での放送では、山頂や高い電波塔に設置した送信設備でVHF帯またはUHF帯(難視聴地域ではSHF帯)の周波数で電波を送るので、受信可能な地域はアンテナが見える範囲に限定される。

なお、衛星放送用の人工衛星は日本ではBS(放送衛星)とCS(通信衛星)が使われている。ただし、宇宙のゴミであるスペースデブリの衝突などによって人工衛星が使用できなくなるリスクがあるため、常に代替となる人工衛星を確保しておかなければならない問題点もある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る