無題

読み方、または別称:むだい

無題とは、英語では「untitled」といい、タイトルが付いていない作品に対する便宜的な呼び名で、コンピュータにおいては、ファイル名を独自に設定しないときに自動的に設定される名前の一種である。

Windows付属のツールや、市販のアプリケーション、メーラ(特に携帯電話)などでは、ファイルの新規保存するときに、独自にファイル名を設定して保存しないと、「無題」や「(無題)」、または「untitled」といったファイル名が自動的に設定される。なお、「無題」といったファイル名で保存されても、データ自体には問題はなく、「無題」という名前をファイルとして扱われるため、後でファイル名を変更することができる。

また、ファイル名に限らず、アプリケーションによっては、表や箇条書きの設定においてタイトル等が設定されていない場合に「(無題)」(「タイトル: 無題」の代わりに「タイトル: (無題)」)などが表示される場合がある

ちなみに、音楽作品で曲間をつなぐ短いフレーズで特にタイトルがついていないものをクレジット表記の上から「untitled(無題)」とすることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る