汎用機

読み方、または別称:はんようき

汎用機とは、メインフレーム (mainframe) と呼ばれ、主として大企業の基幹的な業務に使用される大規模なコンピュータのことである。なお、汎用コンピュータ、汎用大型コンピュータ、ホストコンピュータ などとも呼ばれる。

このように、汎用機は大企業や大きな組織や団体向けで、高い信頼性、安定性、大容量およびコンピュータシリーズ間の互換性を持っている。

ハードウェアのサイズはミニコンピュータやオフィスコンピュータより大型で、また、使い道が限定されているスーパーコンピュータや組み込み型のコンピュータとは異なり汎用性があり、さらにオープンシステムとも異なり、各メーカーによる独自設計の部分が多く見られる。

因みに、世界初の汎用機は、商用コンピュータとして1951年に発売されたUNIVAC Iとされているが、1964年に発売されたIBM System/360はアーキテクチャを統一したことで、汎用コンピュータファミリの概念が確立され、以降の汎用機(メインフレーム)の主流を占めるに至った。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る