暗号解読

暗号解読(Cryptanalysis)とは、暗号化された文書やファイルを解読することである。暗号の解読とは、暗号文を作成するのに使われた秘密情報にアクセスをしないで、何らかの方法で暗号文を平文に戻すことである。

暗号は他人に知られると都合が悪い情報を隠す手段として生まれたが、同時にその秘密を知るための暗号解読も生まれた。

なお、今の暗号解読には、暗号 (Cipher) の解読だけではなく、デジタル署名の偽造の発見や、ハッシュ関数のコリジョン探索、および暗号プロトコルの解読なども含まれる。

暗号解読は、そのためのヒントになる鍵がなくても暗号文を平文に戻すことであるが、暗号文を平文に戻す際に、鍵を推測して暗号文を復号する場合も解読である。鍵の推定には、可能な鍵の候補を全て試めす全数探索と何かのアルゴリズムで鍵の候補を絞り込むショートカット法がある。どちらの方法でも、鍵が見つかれば暗号文を復号することができるが、これを完全解読 (Total break) と言う。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る