文字参照

読み方、または別称:もじさんしょう

文字参照(もじさんしょう)は英語のCharacter reference の日本語訳で、HTMLなどのSGML文書では、直接には記述することができない文字や記号、例えばマークアップで使われる "<" や ">" などを表わすのに用いられる方法である。

Character referenceはSGMLの構成素として従来から定められていて、文書文字集合の中の文字を参照するための手段として使われる。

HTMLの場合は、表記方法の違いがあるため、数値文字参照 (Numeric character reference) と文字実体参照 (Character entity reference)があるが、XMLでは、HTMLでの数値文字参照は文字参照と呼ばれる。またHTMLでの文字実体参照は、XMLでは実体参照(Entity reference)と呼ばれて区別される。

なお、数値文字参照は10進数か16進数で、文書文字集合で該当する文字をISO 10646の文字番号で指定する方法をとっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る