技術基準適合証明

読み方、または別称:ぎじゅつきじゅんてきごうしょうめい

技術基準適合証明(ぎじゅつきじゅんてきごうしょうめい)とは、特定無線設備が電波法令の技術基準に適合していることを証明することで、特定無線設備とは総務省令「電波法施行規則」で定める小規模な無線局に使用する無線設備である。

技術基準適合証明の技術基準適合証明によって実施され、電気通信事業法上の技術基準適合認定は類似制度となる。ちなみに、技術基準適合証明は、時に「技適」(ぎてき)と略されることがある。

技術基準適合証明は、もともと無線機器型式検定規則に基づいて、電波研究所が行っていた形式検定業務の内、重要性のある船舶・航空関係以外の民間に開放したもので、工事設計認証および技術基準適合自己確認が含まれる。

総務大臣の登録を受けた証明機関が実施し、これらの機器はそれぞれ証明規則を定める表示をすることができる。的動表示無線設備と総称される。製造業者・輸入業者が自ら検証や試験を実施し、総務大臣に届け出る制度を、「特別特定無線設備」という。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る