情報格差

読み方、または別称:じょうほうかくさ

情報格差(じょうほうかくさ)とは、ある対象と別の対象との間の情報量に差があることや、情報技術(IT)を扱える者と扱えない者の間に生じる格差のことである。

その意味では、コンピュータやインターネットなどでの情報を取得できる者とできない者の間に生じる情報量の差であり、情報を沢山手に入れられれば情報強者であり、その反対は、情報弱者になる。

情報格差が生じる原因は、現在では一重に情報技術をどの程度まで取得し、それを得るためや使いこなすための環境がどのようなものであるかにかかっている。

例えば、良好なインターネットの環境を享受できる場合は、より多くの情報に触れることができるが、様々な理由でそのような環境が整備されていなければ、そこに情報格差が生じることは明白である。現在のように情報技術が進歩した環境では、この種の情報格差は見過ごすことができない社会問題となっており、政府でもこのような情報格差の解消に向けた施策が論じられている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る