復号

読み方、または別称:ふくごう

復号は英語ではデコード(decode)であるが、そのためには何らかの形でエンコード(encode)がなされていなければ、復号はあり得ない。

エンコードは符号化とも言われるが、アナログ信号やデジタルデータに特定の方法で、復号が可能な変換を加えることである。

一般的にはエンコードは、そのための機器や回路またはプログラムを使って行われるが、それを元の形に復元するのが復号、すなわちデコードである。

通常の場合、パーソナルコンピュータの分野では、エンコードとは、音声や動画などをコーデックの回路機能を用いて圧縮する事である。つまり、コンピュータでファイルの圧縮あるいは暗号化であるが、エンコードを行う機器や回路がエンコーダである。一方で、エンコードされたデータを復元するのがデコードであるが、詰まるところはエンコードの逆の手順を踏むのが復号である。したがって、復号すること、およびそのための機器や回路はデコーダと呼ばれる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る