広域イーサネット

読み方、または別称:こういきいーさねっと

広域イーサネット(Wide Area Ethernet)とは、イーサネットインターフェースを用いて接続する技術、もしくは電気通信役務のことである。主に地理的に離れたLAN間などを接続する場合が多い。このように、広域イーサネットを利用して離れた拠点を接続することにより、1つのLANのようなネットワーク構成にすることが可能となる。

また、広域イーサネットの特徴として、イーサネットフレームを透過的に転送する技術であることが挙げられる。このためイーサネットフレームが運ぶネットワーク層のプロトコルはIPに限定されず、NovellIPXやAppletalk、またメインフレームのSNAといったIP以外のネットプロトコルのネットワークであっても、これをカプセル化する等の作業は不要となっている。

また同時に、この特徴は拠点間のルーティングプロトコルに制限を持たないといった性質も、合わせてもたらしている。既存のネットワークでRIPやOSPFを利用している場合であっても、ルーティングプロトコルの構成をほとんど変更することなく広域イーサネットに移行することができ、これを経由して拠点間でのダイナミックルーティングを行うことが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る