国際楽譜ライブラリープロジェクト

読み方、または別称:こくさいがくふらいぶらりーぷろじぇくと

国際楽譜ライブラリープロジェクト(英語でInternational Music Score Library Project、略してIMSLP)は、インターネットでのプロジェクトで、無料で使用できる楽譜のバーチャルな図書館を作成しようとするもので、別名をペトルッチ楽譜ライブラリ(Petrucci Music Library)と称し、2011年6月現在、楽譜など95,000点余りを用意している。

パブリックドメインになった楽譜を中心とするが、作品を無償で共有することを希望する作曲家の楽譜も含んでいて、利用者は免責事項に同意すれば著作権がパブリックドメインもしくはクリエイティブコモンズのクラシック音楽作品の楽譜が、PDF等のファイル形式で、無料で入手できる。

この計画の主な狙いの一つは、1851年から1899年に編纂されたバッハ協会の旧バッハ全集(Bach Gesellschaft Ausgabe)を網羅することで、この作業は2008年に完了している。なお、このほかに、ショパンやブラームス、ヘンデルやコレッリ、フォーレやシベリウスの全楽曲などが利用できる。

また、一つの音楽作品に対して複数の楽譜ファイルが可能なことが特徴で、例えば総譜とパート譜が入手できる作品も多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る