単体テスト

読み方、または別称:たんたいてすと

単体テストとは、個々のモジュールごとに欠陥が無いかを調べるテストである。全体を調べるテストを結合テストやビッグバンテストと呼んだりするが、単体テストはこれらの大きなテストを行う前に行うことが多い。

結合テストにはボトムアップテストとトップダウンテストの2種類がある。ボトムアップテストは下位のモジュールからボトムアップさせて上位のモジュールを調べる方法である。開発と並行して行えることに利点がある。ただ、上位モジュールの影響を受けることに問題がある。

トップダウンテストは上位のモジュールから下におろして検査をする方法である。開発と並行して進められないことが欠点であるが、根幹となる上位モジュールの異変に早く気がつくことができ機能漏れなどを少なくすることができる。トップダウンテストを行うときは実行しているプログラムの代替であるテストタブを用意しなければならない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る