加算器

読み方、または別称:かさんき

加算器(かさんき)は英語ではAdderで、2進数の加算を行う論理回路であり、デジタル回路や組合わせ回路である。電子計算機の発明当初は多数の真空管で構成されていたが現在はICに組み込まれている。

加算器には半加算器回路でXORを使った半加算器(Half adder)があり、2進数の同じ桁の演算をして、桁上がりは桁上げ出力(Carry out)で出力し、一般的な構成ではAND、OR、NOTを組み合わせる。

つまり、三路スイッチのような構造のXOR論理を実装できる素子が使えれば、その1セットで半加算器が作れる。

全加算器(Full adder)は、2進数の最下位以外の同じ桁の演算をして、下位からの桁上げ入力を含めて出力する。下位の桁上げ出力を上位の桁上げ入力に接続すれば任意の桁数の2進数の加算ができ、全加算器は2つの半加算器と1つのORで構成される。なお、複数ビットの加算器 は半加算器を最下位桁用に、全加算器を他の上位桁用に桁数分だけ組み合わせた加算器である。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る