共通鍵暗号

読み方、または別称:きょうつうかぎあんごう

共通鍵暗号は情報セキュリティでのデータの暗号化方式で暗号に使う暗号鍵と復号に使う復号鍵が同一のもので、対称鍵暗号とも言われる。

ただし注意点は、公開鍵暗号のように暗号鍵と復号鍵に異なるものを使わないので、暗号および復号の際のオーバヘッドは少なくて済むが、もし暗号に使われた電子鍵が何らかの方法で入手できると、誰でも復号できてしまうという弱さがあることである。

共通鍵暗号方式(Common key cryptosystem)はこのように暗号化と復号に共通の鍵を使う暗号方式で、他にも色々な呼び方があり、秘密鍵暗号方式(secret key cryptosystem)、対称鍵暗号(Symmetric key encryption scheme)あるいは用暗号方式とも呼ばれる。

なお、昔の暗号方式は全て共通鍵暗号方式であり、公開鍵暗号方式が出現するまでは暗号と言えば共通鍵暗号方式を指していた。しかし、公開鍵暗号方式が登場したので、公開鍵暗号方式と区別するために秘密鍵暗号方式(Secret key encryption scheme)と呼ばれ、その後共通鍵暗号と呼ばれるようになった。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る