六角大王

読み方、または別称:ろっかくだいおう

六角大王(ろっかくだいおう)とは、パーソナルコンピュータ用の3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアである。開発・販売は株式会社「終作」。レンダラーよりモデラーに特化している。もとは、漫画(イラスト)を3D化するソフトウェアである。

1992年にPC-9801シリーズ用に発表され、後にMacintosh用(フリーソフト版)の六角大王を古島終作と森田利広の開発で発表した。このソフトウェアが好評で、1998年以降は製品版「六角大王Super」が発売された。当初はソフトベンダーTAKERUにて「まんが画像学会」というサークル名で製品版として発表していたが、学業を終えた古島が販売を終了。

フリーソフトウェアとして改めて発表した。改めて発表されたPC-9801は、左右対称の図形のみの生成が可能で、図形は点を線で結ぶ形で生成する。こうして、お絵描きする過程をあたかも録画をしているような感覚で記憶・再生するようにした。

操作方法は特異で、画面も地味な印象があるデザインだが、インタフェースを採用しているのが大きな特徴になる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る