候補キー

読み方、または別称:こうほきー

候補キー(英語ではcandidate key)は、コンピュータのリレーショナルデータベースのリレーショナルモデルでのスーパーキーの既約(irreducible)のタイプのものを指す。ここで、既約とはそれを構成する属性(列)のどれか一つでも欠ければ一貫性が確保できなくなることで、つまり冗長な属性を含まないことである。

言い換えれば、組(行)の識別のために必要な属性またはその集合が候補キーであり、候補キーは、組(行)のアドレスもしくは識別子だと考えることもできる。

なお、候補キーという呼び名は、それが主のキーとして選ばれる候補であるところから来ていて、
一つのリレーションには、少なくとも一つの候補キーが存在する。

候補キーの例を市町村(市町村ID, 市町村名, 都道府県名)というリレーションで見た場合、市町村ID と {市町村名, 都道府県名} が候補キーである。なお、市町村名にはいくつかの重複があるため市町村名は単独では候補キーにならない。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る