ワークロード

読み方、または別称:わーくろーど

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。システムを効率よく稼働させることで、最大のコストパフォーマンスを実現するための概念やツール、システムなどを指す。

コンピュータにおいては様々なアプリケーションが利用されて、コンピュータに対して不安定な要求が行われる。大きな要求が発生するシステムでは、その要求のピーク時にあわせて巨大なシステムを用意しなければならないが、同時にそのシステムを効率よく稼働させることが重要になる。

ワークロード管理にあたってはCPU 時間やデータベースの変更数、応答時間などの関する情報の上でリソースの配分等を検討しなければならず、それらの管理のための、ワークロード管理製品や仮想化環境管理ツールなどが販売されている。これらのシステムでは、ボトルネックを分析し、リソースを配分するといった自動ワークロード管理機能や受信する接続を均等に分散する機能といった機能が用意されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る