ワンクリウェア

読み方、または別称:わんくりうぇあ

ワンクリックウェア (One-Click ware) とは、マルウェアの一種で、ワンクリック詐欺サイトの料金請求を行うための画面を表示させるソフトウェアである。

ワンクリックウェアは、OSを起動したときにメモリに常駐し、利用料金請求を行う為の画面を定期的に表示するなどといった動作を行い、画像や動画のリンクをクリックし、ワンクリックウェアをダウンロードさせた後にインストールさせようとする。

画像などをクリックしてソフトウェアをダウンロードしなければ、ハードディスクに保存しているデータが破壊されたり、キーボード操作を不能にしたりといったコンピュータの動作に損害を与える動作は起こさない。

そのため一般に、ウイルスとは定義されていないが、スクリプトウィルスと定義しているところもある。ワンクリックウェア は、OSなどのセキュリティホールを突いたモノがほとんどであるが、Windows標準搭載のプロセスである「mshta.exe」やHTA形式のファイルを悪用したウィルス対策ソフトによって検知されにくい新たな手法が報告されている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る