レガシーブラウザ

読み方、または別称:れがしーぶらうざ、legacy browser

レガシー(legacy)、つまり時代遅れのブラウザ、過去のブラウザを指す。レガシーブラウザに対する言葉は、現行のブラウザを指すモダンブラウザである。
レガシーブラウザとモダンブラウザの境界は、その時代によって変化するが、2013年現在では、Web標準にどれだけ準拠しているかで決められている。ただし、この境界は、ウェブの制作者によって意見が分かれることもある。
具体的には、Internet Explorerではバージョン6以前を、Mozila Firefoxではバージョン3.6以前を、Safariではバージョン3以前を、レガシーブラウザと称することが多い。
なお、Google Chromeに関しては、登場段階からWeb標準にほぼ準拠していたため、すべてのバージョンをモダンブラウザとする意見が多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る