ルーチン

読み方、または別称:るーちん

ルーチン(routine)とは、コンピュータプログラミングにおいて、プログラム中で意味や内容がまとまっている作業を、ひとつの手続きとしたものを意味するが、ソースコード上ではコードブロックを形作る。繰り返し使われるルーチン作業をモジュールとしてまとめ、呼び出す側の「主」となるもの(メインルーチン)と対比し、「サブルーチン」とも呼ばれる。

別名「サブプログラム」(subprogram)とも呼ぶ。もともと「ルーチン」は決まり切った手続きや仕事のことを指し、コンピュータ・プログラムにおける「サブルーチン」以外では、労働における「ルーチン作業」や「ルーチンワーク」などがある。これらは、日常的に決まっている作業・業務のことを指す。ン

ここでは、コンピュータ・プログラムにおける「サブルーチン」を説明する。サブルーチンを結果として値を返すものと、処理だけを行い値を返さないものの2つに分類することがあるが、この場合前者は関数(かんすう)、後者は手続き(てつづき)と呼称する。

プログラミング言語の仕様として、Cのようにどちらかの呼び方を採るものと、Pascalのように両者を区別するものがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る