リンカ

読み方、または別称:りんか

リンカとは、リンケージエディタのことで、機械語のプログラムの断片を結合し、実行可能なプログラムにするプログラムのことである。例えば、C言語の場合、ソースファイルをコンパイルするオブジェクトファイルが生成され、それに他のオブジェクトファイルやライブラリを結合し、1つのプログラムにする。

この結合の際に、リンケージエディタが使われる。リンカには「静的リンク」と「動的リンク」の2つがある。前者は、先にも述べたように、リンクの際に他のオブジェクトやライブラリを1つのファイルに結合する方法のことである。

でき上がったプログラムは単独で動作でき、また単独で動作させなければならない。その代わり、必要となるすべてのライブラリを組み込むため、完成したプログラムはその部分だけ大きくなる。一方後者の場合、ライブラリの参照を名前のみで解決し、プログラムを作成する。

完成したプログラムはライブラリの部分のプログラムには含まれず、プログラム実行時にライブラリの空間上で実際のプログラムと結合・実行する。完成したプログラムは、小さくなり、再度リンクをしなくてもライブラリだけ入れ替えることが可能になる利点を持っている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る