リレーショナルデータベース

読み方、または別称:りれーしょなるでーたべーす

リレーショナルデータベース(relational database)は、日本語では関係データベースで、関係モデルをベースにして設計、開発されるデータベースのことである。

関係モデル、すなわちリレーショナルモデル( relational model)は、集合論と述語論理に基づいて考案されたモデルであり、リレーショナルデータベースの基礎となっている。

リレーショナルモデルの基本的な前提は、あらゆるデータは n 項(n-ary)の関係、つまり、n項のリレーションで表現されると定義されている。 数学での関係は二項関係であるが、関係モデルでは関係の概念を n 項に広げている。 つまり、一つの n 項の関係は、n個の定義域(ドメイン)の直積集合の中の部分集合である。

関係モデルを活用することで、関係データベースでデータベースを設計(データベース設計)すれば、データベースに格納の対象の情報を、整合性を備え論理的に表現することができる。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る