リモートホスト

読み方、または別称:りもーとほすと

リモートホスト(リモートホストコンピュータ)とは、ネットワークを介し接続した先の機器のことである。ローカルホストは対義語になる。コンピュータ上では、接続先や接続先を表す際に、「192.168.0.1」とIPアドレスなどの数値表記で分かりにくいということから、ホスト名を使われることが多い。

また、サーバに接続してくるクライアント側のホスト名を慣用的に「リモートホスト」と呼ぶこともある。しかし、この場合リモートホストと同じ意味で用いると誤用になる。さらには、CGIにおけるREMOTE_HOST環境変数内にホスト名が格納されていることも、誤解を生むとされている。

IPアドレスが逆引きされている場合は、相互変換するDNSでIPアドレスとホスト名を逆引きすることで、ドメイン名を得られる。ただしこれは自己申告になるため、接続したプロバイダによってIPアドレスが割り当てられてしまう。

さらには逆引きで得られるリモートホスト名も、プロバイダのものとなってしまう。
ちなみに、日本語の電子掲示板では、「リモホ」と略して使われることがある。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る