リモートプロシージャコール

読み方、または別称:りもーとぷろしーじゃこーる

リモートプロシージャコール(Remote Procedure Call)とは、プログラムから、共有ネットワーク上の別のコンピュータ上などといったアドレス空間にあるサブルーチンや、手続きを実行することを可能とする技術のことである。略称はRPC、遠隔手続呼出とも呼ばれる。

これらの作業を行う際、プログラマは遠隔相互作用の詳細を明示的にコーディングする必要はなく、基本的に、ローカルなサブルーチン呼び出しと同様のコードを、リモート呼び出しについても行うことができる。また、Java RMIなどのような、オブジェクト指向プログラミングに基づくソフトウェアがリモートプロシージャコールを行う場合は、これをRemote Invocation、あるいは Remote Method Invocationと呼ぶこともある。

リモートプロシージャコールを開始するには、クライアントは既知のリモートサーバに実行する手続きと引数とを要求メッセージとして送信する。送信したメッセージがサーバ上で処理され、クライアント側に応答が戻ってくるまでの間、クライアント側はブロックされ、処理が完了すると、クライアント上のプロセスは処理を続行する。

また、このようなリモートプロシージャコールに対し、ローカルマシンにおいて行われる通常のプロシージャコールを指して、ローカルプロシージャコール(LPC)と呼ぶ。ただし、一般的には、これらリモートプロシージャコールとローカルプロシージャコールの違いは特に意識せず、プログラムを実行するアプリケーションソフトで扱うことができるようになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る