リモートシェル

読み方、または別称:りもーとしぇる

リモートシェル(英語では Remote Shell)はCUIプログラムであり、例えば別のユーザとしてシェルのコマンドを実行したり、コンピュータネットワーク経由で別のコンピュータでシェルのコマンドを実行したりすることである。

rsh を使って別のコンピュータ上でコマンドを実行するためには、そのコンピュータで rshd デーモンが動作していることが必要である。なお、同じ rsh という名前で別の restricted shell と呼ばれるものもあるが、これはPWB/UNIX で生まれ、SVR4などに組み込まれていた。

ここでのrsh はBSDオペレーティングシステムで生まれた機能で、rcp と共に rlogin パッケージの一部として1983年版の 4.2BSD に搭載されていた。

なお、rsh では、暗号化をしないでネットワーク上に情報を送ると言う理由で、セキュリティ上の問題があるとされている。そのため、現在ではインターネットではほとんど使われず、その代わりに似たような機能を持つ ssh (secure shell) が使われることが多い。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る