リマーク

読み方、または別称:りまーく

リマークとは、製品の刻印やパッケージを勝手に変更して、安価な商品を高価な商品に偽装して販売する不正行為のことである。このような商品のことをリマーク品という。リマーク(Remark)とは、意見を言うといった英語だが、誤った意味で広まってしまった。

コンピュータにおいてリマーク品は、自作パソコン向けに販売されているCPUやメモリといったものに見られることが多い。CPUのリマーク品の場合、300MHzで動作するCPUの刻印を消し、400MHzで動作する製品の刻印を行って、より高価な値段で販売される。

リマーク品は、一見して分かるようなものから、パッケージまでを精巧に偽装して、リマーク品とは判別ができないようなものまで存在し、販売店においてもリマーク品とは気がつかすに販売しているケースもある。

そのため企業によって、各種証明書や商品パッケージなどに貼り付ける偽造防止ラベルのホログラムシールを利用したり、シールを剥がすと「開封済」といった文字が現れる改ざん防止シールを利用するなど、セキュリティシールを利用した被害防止策などが取られている。

ページトップへ戻る

話題の用語~今ホットな用語をご紹介

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る